美幌スケート協会が NHK テレビで紹介されました

取材の様子 少年団の選手が並んで

2015 年 2 月 28 日 (土) に放送された NHK おはよう北海道「ぶらりみてある記」のコーナーで、2015 年 3 月 4 日 (水) に放送された NHK つながる@きたカフェ「I LOVE JIMOTO 北海道」のコーナーで、美幌スケート協会が紹介されました。

子ども元気!皆で支える冬スポーツ ~美幌町~

今回訪ねたのは、オホーツク海側の美幌町。ウインタースポーツに取り組む子供達も多く、昨年のソチオリンピック・パラリンピックでは、町出身の選手が 4 人も出場した。元気に練習する子供達を、地域の人達が支えていた。

美幌町

高台から見た町並みと美幌峠

真冬には氷点下 20 ℃ にもなる美幌町。そんな寒さにも負けない子どもたちがいる。

美幌スピードスケート少年団

美幌スピードスケート少年団 練習風景美幌スピードスケート少年団

美幌スピードスケート少年団、メンバーは 10 人。オリンピック選手を輩出した名門クラブ。

美幌スケート協会 造成部

美幌スケート協会 造成部朝 6 時、作業開始

練習するリンクを作っているのは、地域のみなさん。この日も朝の 6 時に集合。


リンクに水を撒く

河川敷にある屋外のリンク。冬の間、一日も欠かさず水を撒く。


リンクに水を撒くリンクに水を撒く

シーズンが終わりに近づいたこの日、氷が溶け始め、表面に凹凸ができている。2 時間かけ、みんなでならした。

造成部リーダー 一戸義則さん

美幌スケート協会 造成部リーダー 一戸義則さん

リンクを造っているのは、じゃがいもなどを育てている農家さん。リーダーの一戸義則さん、農家仲間に誘われ、35 年間リンクを造り続けている。


子どもたちが結果を出してくれるのが楽しい、喜びでもある忙しいといえば忙しいけど、仕事は仕事、リンク造りはリンク造り

一戸さん「子どもたちが結果を出してくれるのが楽しい、喜びでもある。忙しいといえば忙しいけど、仕事は仕事、リンク造りはリンク造り」

美幌スピードスケート少年団

大正橋スケートリンク少年団の子どもたち

夕方、リンクに子どもたちが集まってきた。


氷の状態を確かめる子どもたち困ったなぁ…

しかし、氷の状態が良くない。昼間の気温が高く、朝撒いた水がうまく凍らなかったようだ。


一戸コーチ

コーチが試してみても、刃が刺さってうまく滑れない。今シーズンの練習は、この日で終了することになった。一戸さんたちの愛情も、天気には勝てなかった。

一戸さんと少年団

少年団の子どもたち「寒ければもっと滑れるのに…」
一戸さん「もっと滑りたいの?」
少年団の子どもたち「はい!滑りたいです!」


来年も再来年も、よろしくお願いします。再来年も、さらに

少年団の子どもたち「来年も再来年も、よろしくお願いします。再来年も、さらに。」


そしたら来年も、いいリンク造るか

一戸さん「そしたら来年も、いいリンク造るか」
少年団の子どもたち「よろしくお願いします!!」


美幌スケート協会 造成部リーダー 一戸義則さん

来年も再来年もずっとリンク造ってくださいと言われたら、どうですか今後…


がんばるっきゃない!鏡のようなリンクを

一戸さん「がんばるっきゃない!鏡のようなリンクを」

終わりに

これまでも、これからも。地域の人たちに支えられ、元気に子どもたちが育つ。


かつては子どもたちのために、小学校の校庭にも地域の人たちがリンクを造っていた。みんなで子どもたちを支える暖かい雰囲気を感じた。


美幌スピードスケート少年団出身の藤村祥子選手がソチオリンピックに出場し、町の誇りにもなっている。身近な選手を励みに、のびのびと子どもたちが成長してほしいと感じた。